--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/25

きみの名は?

子供と言うのは、初対面でもすんなり仲良くなっちゃって。
お互い名前も知らないのに一緒に遊んでたりしませんか?
きみの名は?

ちびりっくんと白兎hakutoも例に漏れずと言う感じで。お互いの名前も知らないのに、早速遊びはじめました。
きみの名は?

遊んでいるうちに、ふと名前が知りたくなったり。

「ねぇ、名前は?」
白兎がそう聞くとりっくん得意げに
「ボクね~、自分の名前書けるんだ」
と書いてみせます。
きみの名は?
(汚い字だね;;今とあまり変わらないという噂もありますが)

「りくくんって言うんだ~」
「うん。りっくんだよ」
「僕も名前、書けるよ」

きみの名は?
「………」
(これは、なんて読むんだ?)
だけど、何となく読み方がわからないと言えない雰囲気です。
「じ、じょうずだね~」
と誤魔化します。
更に遊んでいて。白兎がトイレに行ってくる~といったのをチャンスとばかりにちびりっくん、近くにいた大人にさっきの紙を見せます。

きみの名は?
「コレ、なんてよむの?」
「しろ…うさぎ、かな?」
聞かれた方もよくわからないので見たまんまで読みます。
(ふーん、しろうさぎくんかぁ。日本昔話みたいな名前だなぁ)

きみの名は?
「りっくん、お母さんがね~もう帰るって。
また遊ぼうね!」

きみの名は?
「うん、また遊ぼうね!
しろうさぎくん!!」

きみの名は?
(しろうさぎ…くん?
何だろう、それ。)

そんなで、しばらーくの間誤解が解ける事もなくしろうさぎくんと呼ばれ続ける白兎hakutoでした。

続きに、ちびりっくんと白兎のプチ冒険なお出かけを。
----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------

きみの名は?
森にやって来たちびりっくんと白兎。
「美味しそうなキノコがあるよ~」
と大はしゃぎです。
更に森の奥へ進むと

きみの名は?
美味しそうなお菓子が!

きみの名は?
「あとちょっとで届くんだけど…うーん、、」

お菓子に手が届いたと思ったその瞬間です。

きみの名は?
お菓子が外に、ちびりっくんが中へ。
本当懲りないヤツだな~~って感じですが。
毎度毎度ワナに引っ掛かるちびりっくんです。
「ねぇねぇ、このお菓子美味しいよ~」
と1人お菓子をほおばる白兎。
「あ~の~、普通こういう時は心配したり助けてくれたりしないの?」
「いいじゃん♪
せっかくだからもうちょっと入ってなよ」

樹茄くんとは随分勝手が違って戸惑うちびりっくんです。

きみの名は?
やっとの思いで外に出られたちびりっくん。
こいつとは金輪際、冒険には出かけないぞ、と心に誓ったのでした。
こうして、人の事はあてにしない、とか自分で頑張るとか言う事を覚え行くちびりっくんでした。

出演: ちびりっくん(幼SDパフ)
   白兎hakuto(ホワイトラビット)
後半は、高田馬場のレンタル会議室にて撮影

スポンサーサイト
ちびりっくん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。